東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

米軍ヘリ、沖縄で炎上 北部訓練場近く 民間地に着陸

写真

 十一日午後五時二十分ごろ、沖縄本島北部の上空を飛行していた米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)配備のCH53E大型輸送ヘリコプターが訓練中に出火し、東村(ひがしそん)高江の米軍北部訓練場に近い民間の牧草地に緊急着陸した。米海兵隊が発表した。機体は炎上、大破した。小野寺五典(いつのり)防衛相によると、乗員七人や周辺住民にけがはなかった。

 沖縄県の消防によると「米軍機が墜落し、黒煙が上がった」と近隣住民が一一九番した。米軍が航空機などで消火活動を行い、約三時間後に鎮圧状態となった。

 翁長雄志(おながたけし)知事は記者団に対し「強い憤りを感じている」と抗議の意を表明、原因究明までの同型機の飛行中止を求めた。

 安倍晋三首相は民放番組で「大変遺憾だ。安全第一で考えてもらわなければ困る」と述べ、米側に原因究明と再発防止を申し入れるよう指示したと明らかにした。外務省の森健良(たけお)北米局長は、ヤング駐日米首席公使に「遺憾の意」を伝えた。ヤング氏は「原因究明、再発防止に努めたい」と応じた。

 沖縄本島北部では昨年十二月、普天間飛行場配備の輸送機オスプレイが不時着、大破。オスプレイはことし八月にオーストラリア沖で墜落、死亡事故を起こしたほか、大分空港などで緊急着陸を繰り返している。

 北部訓練場には、オスプレイなどが使用するヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)がある。

◆沖縄国際大墜落と同型

 <CH53ヘリコプター> 米海兵隊の大型ヘリ。全長約30メートルの機体の大きさや輸送能力は米軍のヘリでも最大級。主力輸送ヘリとして多様な任務に使われる。兵員55人を輸送でき、オスプレイより輸送能力が大きい。2004年8月にCH53Dが沖縄県宜野湾市の沖縄国際大に墜落する事故があったほか、1999年4月にも同県国頭村沖で墜落して、乗員4人が死亡している。CH53EはCH53Dの後継機。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報