東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

国道で口論 はねられる 愛知で追い越し車線 2人重軽傷

 十六日午前一時四十五分ごろ、愛知県弥富市富島二の国道23号で、追い越し車線にいた男性二人が後続の乗用車にはねられ、三十代の男性が肋骨(ろっこつ)や骨盤を折る重傷、四十代の男性が右肩を脱臼する軽傷を負った。県警蟹江署によると、二人は交通トラブルを巡り、口論となっていたという。

 署によると、現場は片側二車線の直線。三十代男性は乗用車を、四十代男性はトラックを運転していたが、それぞれ走行車線に車を止め、追い越し車線にいたところ、後続の乗用車にはねられた。

 当時、小雨が降っており、後続車の二十代男性は「暗くて二人が見えづらかった」と話しているという。

 署は、はねられた男性らの回復を待ち、トラブルや事故の原因を詳しく調べる。事故で国道23号は上り線が一時通行止めになった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報