東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「作家になった」司馬さん手応え 40歳の頃つづった手紙 町田市民文学館で公開

写真

 作家の司馬遼太郎さん(一九二三〜九六年)が担当編集者に送った書簡一通が、町田市民文学館ことばらんど(東京都町田市)で初公開されている=写真、神奈川近代文学館蔵。四十歳の頃、出版されたばかりの自作短編集に手応えを得て「作家になった、という気持がしています」などとつづっており、後に国民的作家へと飛躍することを予感させる貴重な資料だ。

 書簡は六四年八月六日付。新潮社の編集者だった谷田昌平さん宛てで、原稿用紙一枚に記されていた。谷田さんが九七年に神奈川近代文学館(横浜市)に寄贈したが、存在がほとんど知られていなかった。

 手紙で司馬さんは、出版されたばかりの短編集「鬼謀の人」を受け取った感謝と併せ、「りっぱな本をつくっていただき、おもわず感嘆の声をあげました」と谷田さんの仕事への敬意を表明している。

 当時の司馬さんは既に直木賞を受賞していたが、「竜馬がゆく」は連載中で、その後「峠」「国盗り物語」「坂の上の雲」などの作品を次々と発表していく。この書簡を展示する企画展「没後10年『編集者・谷田昌平と第三の新人たち』展」は十二月十七日まで。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報