東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

4人乗り空自ヘリが墜落 浜松沖 夜間救難訓練中に

空自ヘリが墜落したとみられる現場付近を捜索する船=17日、浜松市沖で、本社ヘリ「あさづる」から

写真

 十七日午後六時ごろ、航空自衛隊浜松基地(浜松市)に所属するUH60J救難ヘリコプターが、同基地の南約三十一キロの海上でレーダーから消え、連絡が取れなくなった。周辺海域でドアや燃料タンクなどの部品が見つかり、小野寺五典(いつのり)防衛相はヘリが墜落したと判断した。浜松救難隊の四人が搭乗しており、空自の航空機や海上自衛隊の艦艇が捜索、乗員の発見を急ぎ、詳しい状況を調べている。第三管区海上保安本部(横浜)も対策本部を設置し、捜索する。

 空自によると、浜松救難隊は事故を起こした航空機のパイロットらの捜索、救助を主な任務としている。この日も暗視装置を使って夜間の救難訓練をするため、午後五時五十分ごろに浜松基地を離陸し、約十分後にレーダーから機影が消えた。ヘリに乗っていたのは機長の花房明寛三等空佐(42)と副操縦士、機上整備員、救難員の四人。

 小野寺防衛相は十七日夜、報道陣に対し「現場周辺から航空自衛隊と書かれたドアが見つかり、墜落したと判断せざるを得ない」と話した。青い燃料タンクやタイヤ、担架なども見つかった。救難信号は確認されておらず、緊急事態を示すやりとりがあったとの報告は受けていないという。

 今年に入って自衛隊機の事故が続いており、五月に北海道北斗市の袴腰山(はかまごしやま)付近で陸上自衛隊のLR2連絡偵察機が大破し、乗員四人が死亡。八月には青森県沖で海自哨戒ヘリが墜落し、三人が行方不明となった。

 今回と同型のUH60J救難ヘリを巡っても、三月に空自の秋田救難隊(秋田市)に所属する機体が訓練中、異常を知らせる警報が鳴り、秋田空港に緊急着陸した。

写真

◆漆黒の海面照らし捜索

 救難ヘリが消息を絶ってから約三時間後の午後九時十分ごろ、墜落した可能性がある海上の現場付近を本社ヘリで飛んだ。海岸線から約二十キロの外海の暗闇の中で、海上保安庁とみられる船舶やヘリのサーチライトが漆黒の海面を照らし、捜索活動を続けていた。

 上空から確認できた船は少なくとも四隻、ヘリは三機。ヘリは海面すれすれを飛んでおり、ホバリングの風圧で黒い海面が波打っていた。

 白や青のサーチライトは海面をあらゆる角度から照らす。防衛省によると、複数の部品らしきものが発見されたとの情報もあるが、光の先を注視しても機体や部品らしきものは確認できなかった。 (宮畑譲)

<UH60J救難ヘリコプター> 自衛隊が保有、運用しているヘリ。米国製の機体をベースに改造され、航続距離が約1300キロと長いのが特徴。1988年度から調達が始まり、遭難者を捜索するための赤外線暗視装置などを搭載している。全長は約15メートルで、乗員の定数は5人。航空自衛隊百里基地(茨城県)が2016年7月、機体から金属製部品の一部が落下したと発表した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報