東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

仮想通貨取引で詐欺容疑 「リップル」運営会社元代表逮捕

写真

 インターネットの仮想通貨「リップル」の取引を巡り、顧客から百四十万円をだまし取ったとして、警視庁は十八日、詐欺の疑いで、仮想通貨の取引所運営会社「リップルトレードジャパン」(浜松市)の元代表竹中優樹容疑者(31)=京都市山科区=を逮捕した。リップルの取引所の摘発は全国初。

 サイバー犯罪対策課によると、同社は顧客から現金を預かり、リップルの売買などに必要な「IOU」という電子借用証書を発行。利用者は保有するIOUに応じてリップルに交換したり、現金化して引き出したりできる仕組みだった。顧客を募る際に「入金手数料無料」などとうたい、二〇一五年二〜三月に全国の四十人以上から約千七百万円を集めたとみられる。「大筋でその通りです」と容疑を認めている。

 逮捕容疑では一五年三月三日、事実上倒産し、顧客に現金を払い戻す能力がないのに、リップルの取引名目で宮城県の男性(41)から百四十万円を預かり、だまし取ったとされる。

 同社は一四年五月に設立され、竹中容疑者が一人で運営。顧客から預かった金は遊興費や投資に使ったという。同課は、竹中容疑者が預かり金の裏付けがないまま、約一億二千万円分のIOUを空発行していたとみている。

 仮想通貨リップルは米国のベンチャー企業が発行しており、正式名称は「XRP」。民間情報サイトなどによると、リップルの今月十六日時点の時価総額は一兆円超。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報