東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

墜落空自ヘリ 4人捜索 ヘルメット3個を発見

墜落したとみられる航空自衛隊のヘリコプターの補助燃料タンク(手前右)を回収する海上自衛隊員=18日午前、浜松市沖で、本社ヘリ「あさづる」から

写真

 航空自衛隊浜松基地(浜松市)のUH60J救難ヘリコプターが基地沖合に墜落した事故で、空自や海上自衛隊は十八日、航空機や艦艇を現場海域に派遣し、行方が分からない乗員四人の捜索を続けた。

 空自によると、当日の飛行前点検や消息を絶つ五分前の交信内容に異常はなく、短時間に何らかのトラブルが起きたとみられる。

 行方不明になっているのは機長の花房明寛三等空佐(42)と副操縦士、機上整備員、救難員。

 空自によると、浜松救難隊のヘリは十七日午後五時五十一分、夜間の洋上捜索訓練のため浜松基地を離陸。同五十七分、空自の管制機関と通常のやりとりをしたのが最後の交信となり、緊急事態が起きたことを知らせることがないまま午後六時二分、浜松基地の南約三十キロの海上でレーダーから消え、連絡が取れなくなった。

 現場で航空自衛隊と書かれたドアやタイヤ、テールローター(後部回転翼)とみられる部品などを発見、小野寺五典防衛相は墜落と判断した。空自によると、乗員のものとみられるヘルメット三個が見つかった。海岸線にも捜索範囲を広げるとともに、艦艇に積んだ小型ボートで見つかった部品などを回収している。

 事故機は二〇一五年十月に空自に配備。今年八月末の定期点検でも異常は見つからなかった。

 十八日の捜索は第三管区海上保安本部(横浜)の巡視船艇も加わった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報