東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

路上にタイヤ、母娘死亡 車乗り上げ路肩に 後続車横転、はねる

写真

 十八日午後八時十五分ごろ、岡山県津山市坪井上の中国自動車道上り線で、落ちていたタイヤ(直径約一メートル)に軽乗用車で乗り上げ路肩に出ていた歯科技工士中村美香さん(49)=広島市安芸区矢野町=と、長女で大学生の亜美さん(21)=岡山市北区南方二=が後続の大型トレーラーにはねられ、頭を強く打つなどして死亡した。

 トレーラーもタイヤに乗り上げ横転し、二人をはねたとみられる。運転手渡辺和彦さん(47)=岡山県真庭市下中津井=は軽傷で、県警高速隊に対し「タイヤをよけようとしたが、制御不能になった」と話したという。高速隊は自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いもあるとみている。タイヤが落ちた経緯や所有者についても調べる。

 高速隊によると、軽乗用車は事故直前、路上にあったタイヤに乗り上げた後、追い越し車線で停車。その後トレーラーもタイヤに乗り上げ横転したとみられる。亜美さんが一一〇番したが、通話中に途切れた。タイヤは道路の真ん中に落ちていた。大型車用でホイールが付いており新しくはない。中国道上り線は約十時間にわたり落合JCT−院庄インターチェンジ(IC)間が通行止めになった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報