東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「違う担任だったら…」 福井中2自殺 母親が手記

自殺した男子生徒の母親が書いた手記の写し

写真

 福井県池田町立池田中二年の男子生徒=当時(14)=が担任らの強い叱責(しっせき)で自殺した問題で、生徒の母親が二十日、保護者や学校関係者に向けて書いた手記を明らかにした。「担任が違ったら息子は今も元気に学校に通っていたと思うと、どうしようもなくつらく、悲しく、涙があふれてきます」と悲痛な思いがつづられている。 

 全十一枚の手記は今月十五日、町の調査委員会がまとめた報告書の公表と合わせて開かれた保護者会で、代理人により読み上げられた。

 報告書は自殺の原因を「担任や副担任から厳しい指導、叱責を受けた精神的ストレス」と表現したが、「叱責ではなく教員による陰険なイジメだった」と指摘。「息子の人権を侵害するような発言も多くあったと聞いている」と明かした。

 教員に対しては「自らが犯した重大な責任に気付かず、いまだに子どもたちを教える立場にいる人たちに怒りと悲しみを感じる」と批判した。

 自殺後の学校や教育委員会の対応については「ただ真実が知りたいと思っていたが、不信感と憤りを感じずにはいられなかった」と記した。最後には「報告書により一歩前に進むことができた」と記し、「一人でも多くの方が息子のことを忘れずにいてくれることが私たちの願いです」と呼び掛けた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報