東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

85歳の車暴走、7人けが 吉祥寺「ペダル間違えたかも」

車が歩行者を次々とはねた事故現場=20日午後、東京都武蔵野市吉祥寺本町で

写真

 二十日午後二時ごろ、東京都武蔵野市吉祥寺本町の都道(吉祥寺通り)で、乗用車が暴走し、横断歩道上の歩行者の列に突っ込んだ。警視庁武蔵野署によると、二〜八十二歳の男女計七人が負傷、病院に運ばれたがいずれも意識はある。署は乗用車を運転していた小金井市東町一、無職真田順司容疑者(85)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕した。

 署によると「アクセルとブレーキペダルを踏み間違えたかもしれないが、よく覚えていない」と供述している。前回の免許更新時には、認知機能検査を通っていたという。

 乗用車は東急百貨店の地下駐車場からスロープを上がり、地上で右折した際にハンドルを切りすぎ、対向車線の路線バスの右後部に接触した。そのまま暴走し、赤信号だった丁字路の交差点に突入、横断歩道上の歩行者をはねた。駐車場出口から五十メートル走った所で、左側のガードレールにぶつかって止まった。ブレーキ痕はなかった。

 負傷したのは横断歩道とその周辺にいた人たちで、はねられたり部品が当たったりした。真田容疑者と助手席の妻(82)、バスの乗客らにけがはなかった。

 現場は、JR吉祥寺駅から北西三百メートルの繁華街で、片側一車線の直線道路。買い物客ら人通りが多い。

 友人と買い物に来ていた江戸川区の女性会社員(32)は、歩行者側の信号が青に変わり、横断歩道を渡ろうとしたとき「車がこっちに向かって飛んできた」という。間一髪で避け「振り返ったら、背中の後ろを車が通っていった。宙に浮いていたように見え、すごい風圧だった」と声を震わせた。乗用車の近くでは壊れた自転車が倒れ、泣く子どもを女性が抱き、スーツ姿の男性が「立てない」と苦しんでいたという。

 近くで呉服店を営む目黒実さん(81)は「『バーン』と、ものすごい音がして、テロかと思った」と表情をこわばらせた。

 (福岡範行、加藤健太、鈴木貴彦)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報