東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

中国道親子死亡 タイヤ落とした車特定 運送会社の運転手聴取

 岡山県の中国自動車道で、落下物のタイヤに軽乗用車が乗り上げ、車外に避難していた親子が同じタイヤに乗り上げ横転したトレーラーにはねられ死亡した事故で、県警がタイヤを落としたとみられる車を特定し、運送会社の運転手から任意で事情聴取していることが二十一日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、落下物は大型車用のスペアタイヤ(直径約一メートル)。中国道の通行記録や付近の防犯カメラなどを調べ、タイヤを落下させた広島県内の運送会社の車を割り出して確認した。県警は、積載物の落下防止措置を怠った道交法違反や、事故を招いた自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いも視野に捜査している。

 事故は岡山県津山市坪井上の中国道上り線で、十八日午後八時十五分ごろ発生。軽乗用車でタイヤに乗り上げた広島市の歯科技工士中村美香さん(49)と、岡山市に住む大学生の長女亜美さん(21)が車外に出て路肩に避難中、横転した後続の大型トレーラーにはねられて死亡し、トレーラーの男性運転手(47)=岡山県真庭市=も軽傷を負った。落下したタイヤはホイールの車軸やナットなどとの接続部に損傷がなかったため、県警はスペア用か荷台の積載物だったとみていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報