東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

別生徒も指導後欠席 福井、自殺男子と同じ副担任

 福井県池田町立池田中二年の男子生徒=当時(14)=が今年三月に自殺した問題で、男子生徒を厳しく叱責(しっせき)していた副担任に大声で指導された一年の女子生徒が九月、「学校に行きたくない」と保護者に話し、欠席したことが分かった。内藤徳博教育長が二十一日、記者会見で説明した。

 町教育委員会が問題を巡る調査報告書を公表した今月十五日以降、学校が保護者にアンケートを実施。副担任が四月から受け持った一年の女子生徒の保護者から、生徒が大きな声で指導されているとの回答が寄せられ、学校が詳しい状況を調べている。副担任は今月十七日以降、体調不良を理由に欠勤しているという。

 内藤教育長の説明によると、女子生徒はこれまでに計九日欠席し、そのうち九月に欠席した一日は病気など特段の理由がなく、繰り返せば不登校に当たるという。こうした欠席が五日以上ある生徒が他にもいるが、副担任は指導に関わっていないとしている。

 教育長は、十九日に堀口修一校長から退職願を受け取った際、校長が「全ての責任は自分にある」と話したと説明。男子生徒の自殺当時、在籍していた校長を含めた常勤の教員十二人の処分を検討しているとした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報