東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

台風接近 広域で大荒れ

写真

 超大型で非常に強い台風21号は二十一日、沖縄の南の海上を北東に進んだ。衆院選投開票日の二十二日から二十三日にかけ、全国的に大荒れの天気になる可能性が高い。早ければ二十二日深夜にも本州に上陸する見通し。気象庁は「投票に行く際は、最新の台風情報を確認してほしい」と呼び掛けている。

 気象庁によると台風は影響範囲が広く、二十二日には沖縄・奄美に接近する。日本の南岸にある前線が台風からの湿った空気で活発化しながら北上し、二十二日は東北から九州の広範囲で大雨が降ると予想される。

 台風は、速度を上げながら北東に進み、二十二日深夜から二十三日明け方ごろ、本州の太平洋側に上陸しそうだ。二十三日朝の通勤時間帯に雨や風が非常に強くなり、交通に影響が出る可能性もある。

 二十二日午後六時までの二十四時間予想雨量はいずれも多いところで、東海、伊豆諸島三〇〇ミリ、四国、近畿二五〇ミリ、沖縄、九州、関東甲信二〇〇ミリ。

 台風21号は、二十一日午後九時現在、南大東島の南南東約二六〇キロを、時速約三〇キロで北北東へ進んだ。中心の気圧は九二五ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は五〇メートル、最大瞬間風速は七〇メートル。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報