東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ハロウィーンマナー守って JR渋谷駅周辺で 警視庁が厳重警備 

JR渋谷駅近くで写真を撮る仮装した若者たち=27日夜

写真

 三十一日のハロウィーン本番を目前に控えた二十七日、警視庁は東京都渋谷区のJR渋谷駅周辺で、仮装した若者らによる混雑やトラブルを防ぐため、スクランブル交差点を中心に警備に当たった。

 夜になるとアニメのキャラクターなどに仮装した人たちが集まり始め、写真を撮り合って楽しんでいた。ゾンビに扮(ふん)し、同僚四人と訪れた神奈川県平塚市の男性看護師(25)は「次々に声を掛けられるので、渋谷まで来てよかった」と話した。

 渋谷駅周辺は近年、ハロウィーンに多くの若者や外国人らが集まり、盛り上がりを見せている。その一方で、群衆が車道にあふれて車の通行を妨げるほか、参加者同士のけんかや痴漢などで逮捕者が出るなど、トラブルも発生している。

 警視庁は昨年同様、三十一日まで混雑緩和のため、状況に応じてスクランブル交差点付近から、道玄坂方向と文化村通りの一部を車両規制して「歩行者天国」化を実施。軽妙な語り口で人を誘導する「DJポリス」も配置する。

◆コスプレイベント 小池氏キャンセル

 東京都の小池百合子知事が、二十八、二十九日に豊島区内で開かれるイベント「池袋ハロウィンコスプレフェス」への出席をキャンセルしたことが分かった。主催者側は、キャンセルの理由を明らかにしていない。

 小池知事は、四月の定例記者会見で「今年のコスプレは(銀河鉄道999の登場人物の)メーテルにしようかなと今考えているところ」と話していた。

 衆院議員時代の一昨年は「魔法使いサリー」、知事に就任した後の昨年は「リボンの騎士」の主人公にふんして登場していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報