東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

豊田元議員を書類送検 埼玉県警 元秘書へ傷害・暴行容疑

写真

 豊田真由子元衆院議員(43)から暴行を受けたとして、元政策秘書の男性が埼玉県警に被害届を出していた問題で、県警は二十七日までに、傷害と暴行の疑いで、豊田元議員を書類送検した。

 「週刊新潮」によると、男性は五月、埼玉県内で車を運転中に、後部座席の豊田元議員から頭や顔などを殴られ軽傷を負ったほか、「このハゲ」「生きている価値ないだろ」などと暴言を浴びせられたとされる。

 豊田元議員は報道を受けて、自民党を離党。九月に開いた記者会見では「私の言動はどんな事情があっても決してしてはならないこと」としながらも「(秘書に)大変な乱暴をして、大けがをさせてしまったということはない」と話していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報