東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

小児科医「たぬき先生」 毛利子来さん死去

写真

 「たぬき先生」の愛称で親しまれ、型にはめない自由な子育てを提唱した小児科医の毛利子来(もうりたねき)さんが二十六日、慢性心不全のため死去した。八十七歳。千葉県出身。自宅は東京都渋谷区。葬儀・告別式は親族で行った。

 岡山医科大(現岡山大)卒。勤務医を経て、東京・原宿に小児科医院を開業。約五十五年間にわたって診察を続ける傍ら、育児や教育に悩む母親らの相談に力を注いだ。「基準」や「平均」にとらわれた画一的な育児論に疑問を投げ掛け、子どもの立場だけでなく、親の心情も踏まえた育児論を展開、支持を集めた。

 子どもの居場所づくりなどにも取り組み、講演や著作を通じ、地域保育や障害児教育、予防接種問題など親子を巡る幅広い課題で発信を続けた。著書に「赤ちゃんのいる暮らし」など多数。雑誌「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」の編集代表も務めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報