東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

差別言動のグリエル選手 来季5戦出場停止 MLB

写真

 【ヒューストン=共同】米大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナーは二十八日、ワールドシリーズ(WS)開催中の当地で記者会見し、二十七日のWS第三戦でドジャースのダルビッシュ有投手(31)を差別する言動があったとして、アストロズのユリエスキ・グリエル内野手(33)=写真、ゲッティ・共同=に対し、来季開幕から五試合の出場停止処分などを科すと発表した。

 グリエル内野手はダルビッシュ投手から本塁打した後、ベンチで目尻を指で押さえて両目を細くしながらスペイン語でアジア人の蔑称を口にした。オフに感受性訓練も義務付けた同コミッショナーは「MLBはこのような言動を認めない」と語った。同内野手は球団を通じ「私の行為で傷つけられた全ての人に心から謝罪する。深く後悔している」との声明を出した。同投手は二十八日のWS第四戦後に「もう終わったことです」と述べた。

 コミッショナーはWSを出場停止にしなかった理由にチーム全体を罰する不公平性、本人の異議を申し立てる権利などを挙げた。また「完全な人間はいない。いろんな人がこのことから学べると思う」などと話していたダルビッシュ投手には「困難な状況で模範的な対応をした」とした。

 グリエル内野手はキューバ出身で、政府が海外移籍を解禁した二〇一四年にプロ野球DeNAで活躍。翌年はけがを理由に来日せず契約を解除された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報