東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

保湿塗り薬の処方急増 「お得に美肌」情報拡散、困った

ヒルドイドのローション(左)と軟こう。化粧品代わりに求める女性が増えた

写真

 アトピー性皮膚炎などの治療に使われる保湿用塗り薬の医療機関での処方が急増していることが、健康保険組合連合会(健保連)の調査で分かった。雑誌やインターネットで「美肌になれる」などと紹介されて広まり、公的医療保険の適用により低料金で入手できることから、化粧品代わりに求める女性が増えたことが背景とみられる。

 治療以外でのこうした処方は薬剤費を押し上げ、税金や保険料で賄う医療財政を圧迫。年間約九十三億円が無駄に支出されている可能性があり、厚生労働省は来年四月の診療報酬改定で処方量の制限など対策を講じる方針を固めた。近く、中央社会保険医療協議会(中医協、厚労相の諮問機関)で議論を求める。

 医師から処方される保湿薬の中で特に女性に人気なのが「ヒルドイド」。軟こうやクリーム、ローションタイプがあり、五十グラム千百八十五円だが、保険適用の場合、自己負担は最大でも三割の約三百六十円で済む。

 アトピー性皮膚炎の場合、かゆみ止めの薬などと一緒に処方されることが多いため、健保連はヒルドイド(後発医薬品を含む)が単独で処方された加入者のレセプト(診療報酬明細書)を集計。

 二〇一五年十月から一六年九月の一年間で二十〜五十九歳を対象にした処方は、男性が三万九千三百十二件だったのに対し、女性は十六万四千三百七十七件と四・二倍。前年同期と比べると、女性は17・3%増えており、男性の増加率7・9%を大幅に上回った。二十五〜二十九歳では女性の増加件数が男性の三三・九倍に上った。多くは病名が「皮膚の乾燥」のみで、健保連は「美容目的の使用が増えていると考えられる」と分析する。

 健保連の推計では、ヒルドイドを中心とした保湿薬の単独処方による薬剤費は、公的医療保険全体で年間約九十三億円。厚労省は一回の処方量の制限や、単独処方を保険適用外にすることなどを検討する。

 ヒルドイドを販売する「マルホ」(大阪市)は「患者の自己判断での使用は副作用のリスクもあり、控えてほしい」と訴えている。

◆医師「乾燥訴えられたら断れない」

 女性向けのある美容雑誌に載ったヒルドイドの特集記事には「塗ってパックすると小じわが軽減する」「肌が生き返る」の文字が躍る。ネット上でも芸能人やモデルのブログなど絶賛する内容が氾濫。化粧品を購入する感覚で病院を訪れる女性が多く、利用者の罪悪感は薄い。

 「病院で美容クリームをお得に手に入れた。まるで高級メーカーの商品みたいに肌のきめが整った」。川崎市の主婦(37)は約一年前、女性芸能人のブログにあったこんな記述でヒルドイドの存在を知った。

 すぐに皮膚科で「ヒルドイドが欲しい」と頼んだところ、医師は症状を尋ねることもなく、軟こう五本分の処方箋を出してくれた。それまで五千円の市販の美容クリームを使っていたが、ヒルドイドなら一本数百円。「化粧品代を節約できた」と声を弾ませる。

 大阪市の病院に勤務する皮膚科医の元には、宣伝もしていないのにヒルドイドを求め、二十〜四十代の女性が月十人ほど受診しに来る。中には「ローション五本とクリーム三箱」と処方量まで指定してくる人も。「患者のモラルが崩壊している。美容目的での使用は非常に問題だと思う。ただ『乾燥がひどい』と訴えられたら断れない」と嘆く。

 一方、アトピー性皮膚炎の治療で処方してもらっている都内の三十代女性は「この薬が使いづらくなったら困る」と、規制強化の影響を心配する。

 販売元のマルホ(大阪市)は、美容目的での推奨がないか定期的に雑誌やネットをチェックし、発見した場合には削除や訂正を要請している。しかし、ブログや会員制交流サイト(SNS)で次々と情報が広がり、いたちごっこの状態だ。

<ヒルドイド> マルホ(大阪市)が製造販売する医療用医薬品の名称で、保湿薬の一種。保湿のほか、血行を促進する作用があり、アトピー性皮膚炎ややけど、加齢や糖尿病による皮膚の乾燥などの治療に使用される。乳幼児の場合、おむつかぶれや発疹で処方されることもある。処方には医師の診断が必要。後発医薬品も複数ある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報