東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

平尾昌晃さん 合唱でお別れ 小柳さんらが「瀬戸の花嫁」

平尾昌晃さんの葬儀・告別式会場に設営された、ステージを模した祭壇=30日午前、東京都港区の青山葬儀所で

写真

 多くのヒット曲を生み、七月に七十九歳で死去した作曲家平尾昌晃さんの葬儀・告別式が三十日、東京都港区の青山葬儀所で営まれ、約二千二百人が参列した。「瀬戸の花嫁」を小柳ルミ子さんら歌手二十人以上が合唱し、朗らかな人柄で親しまれた平尾さんをにぎやかに送る“歌唱葬”となった。

 祭壇はステージを模して約三万五千本の白い花で飾られ、遺影の他、ロカビリー歌手時代の写真パネルや愛用のギターも。小柳さんは「先生が師でもあり、親でもあった。名曲をこれからも大切に歌います」と涙ながらにあいさつ。

 「瀬戸の−」を小柳さんの他、アグネス・チャンさんや中条きよしさん、山川豊さんらが祭壇の前で合唱。布施明さんと五木ひろしさんは二人で「霧の摩周湖」「よこはま・たそがれ」を歌った。

 葬儀委員長は、渡辺プロダクショングループの渡辺美佐(みさ)代表。発起人は、布施さんや日本作曲家協会の弦哲也会長、日本歌手協会の田辺靖雄会長らが名を連ねた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報