東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

リチウムイオン電池、発火55件 スマホなど衝撃原因

転倒してリチウムイオン電池に衝撃が加わり、発火したスマートフォン(東京消防庁提供)

写真

 スマートフォンやタブレット、ノート型パソコンなどで広く使われているリチウムイオン電池が発火する火災が、東京消防庁管内(稲城市、島部を除く)で昨年五十五件発生、二十二人がけがをしていたことが、同庁への取材で分かった。件数は四年連続で増えており、九月には電車内で相次いで二件起きた。

 九月十一日、JR山手線の車内で、乗客のリュックサックから煙が出た。中から、携帯電話用の外付けバッテリーが焦げた状態で見つかった。

 二十四日には東海道新幹線の車内で、乗客が使っていたタブレット端末が突然発火。いずれもけが人はなかったが、一時運転を見合わせるなどの影響が出た。二件とも、リチウムイオン電池から発火した可能性がある。

 リチウムイオン電池は軽量で容量が大きく、近年は多様な機器に使われている。普及とともに、発火する例も大幅に増えている。一昨年は同庁管内で二十六件だったが、昨年は倍増。負傷者は三人だったのが七倍に増えた。

 製品評価技術基盤機構(NITE)によると、強い衝撃を加えると内部が壊れてショートして発熱、発火する。東京消防庁によると、これまでに発火した例では、スマホをポケットに入れていて転んで衝撃が加わったり、電動アシスト付き自転車のバッテリーを過充電したりしたことなどが原因だった。

 発火を防ぐには、落としたりぶつけたりしないよう注意し、メーカー指定の充電器を使って過充電しないようにする。同庁などは、バッテリーの減りが速くなる▽異臭や異音がする▽充電中に熱くなる−といった異常があれば、すぐに使用をやめるよう呼び掛けている。 (谷岡聖史、加藤健太)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報