東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「がん疑い」放置、死亡 横浜市大の病院 担当医確認怠る

 横浜市立大付属市民総合医療センター(同市南区)は三十日、神奈川県横須賀市の七十代の男性患者が検査で「膵臓(すいぞう)がんの疑い」とされながら、情報が院内で共有されなかったため五カ月間適切な治療を受けられず、今月十六日に死亡したと発表した。

 記者会見した後藤隆久院長によると、男性の担当医が一月下旬、コンピューター断層撮影(CT)検査で腹部に動脈瘤(りゅう)を発見。数日後、別の医師が同じ画像で膵臓の膨らみを見つけ、「膵臓がんの疑い」と記した画像診断書を作成した。しかし担当医は確認を怠り、五月に動脈瘤の手術を行った。

 男性は六月下旬、別の病院での定期検診で膵臓がんの疑いを指摘され、再び同センターを訪れたが、既に摘出できないほど悪化した状態だったという。センターはミスを認めて男性と家族に謝罪し、男性はその後死亡した。

 会見で後藤院長は「一月の時点なら摘出できた。画像診断書は印刷して担当医に渡すよう改善し、システム改修も進める」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報