東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

八王子不明女性捜査、座間のアパート複数遺体 遺棄容疑男の逮捕状請求へ

複数の遺体が見つかったアパート=31日午前0時30分、神奈川県座間市で

写真

 東京都八王子市の無職女性(23)が今月二十一日から行方不明になり、警視庁が捜査していたところ、神奈川県座間市緑ケ丘六の二十代の男の自宅アパートで三十日夕、少なくとも二人の遺体が見つかったことが、警視庁への取材で分かった。捜査一課は今後、死体遺棄容疑で男の逮捕状を取り、調べる方針。

 一課によると、アパート玄関に置かれたクーラーボックスの中で、性別や年齢の分からない、切断されたとみられる頭部が二つ見つかった。室内には、ほかにもクーラーボックスが複数あり、一課はボックスの中を調べる。

 八王子市の女性と男とはインターネットの自殺サイトで連絡を取り合った形跡がある。女性は知的障害者の作業所に通っており、二十一日午後六時半に面接があったのを最後に、行方が分からなくなった。女性と男は二十三日、JR八王子駅と、男の自宅近くの小田急線相武台前駅で一緒にいるところが、駅のカメラで確認された。

 女性の兄が二十四日、「妹の行方が分からない。連絡も取れない」と警視庁高尾署に届け出た。兄が女性のパソコンを調べたところ、自殺サイトで男と連絡を取っていたほか、女性はツイッターで「自殺を一緒にしてくれる人を探している」と書き込んでいたという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報