東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

上尾市長と議長、逮捕 市発注事業入札妨害の疑い

写真

 埼玉県上尾市が運営するごみ処理施設での市発注事業の入札を巡り、最低制限価格などの情報を業者に漏らしたとして、埼玉県警は三十日、官製談合防止法違反、公契約関係競売入札妨害の疑いで、市長の島村穣(みのる)容疑者(73)=上尾市、議長の田中守容疑者(72)=同=ら四人を逮捕した。

 ほかに逮捕されたのは、さいたま市浦和区の設備管理会社「明石産業」社長山田明(82)、同社事務員伊藤禎甫(ていすけ)(74)=ともに同市浦和区=の両容疑者。田中容疑者は情報漏えいの見返りに山田容疑者らから現金を受け取ったとしてあっせん収賄で、山田容疑者らは贈賄の容疑でも逮捕された。

 逮捕容疑では、一月に実施されたごみ処理施設「西貝塚環境センター」でペットボトルを圧縮成形する業務の一般競争入札を巡り、島村容疑者は昨年十二月から今年一月までの間、山田容疑者らから依頼を受けた田中容疑者の働きかけで、予定価格や最低制限価格を漏えいし入札を妨害したとされる。

 田中容疑者はあっせんの見返りに数回にわたり、山田容疑者らから数十万円を受け取ったとされる。県警は四人の認否を明らかにしていない。県警によると、山田容疑者らは予定価格の90%にあたる約一億二百万円で入札したが、ほかの業者が最低制限価格により近い金額を入札したために、落札できなかった。四容疑者は会食し、入札情報などをやりとりしていたといい、県警は島村容疑者も金品を受け取っていなかったか調べている。

 島村容疑者は、上尾市市民部長、同市議などを経て、二〇〇八年に市長に初当選し、現在三期目。田中容疑者は、市議五期目で、関東市議会議長会会長など歴任した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報