東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

3億8000万円強奪で7人逮捕 福岡県警 強盗致傷の疑い

 福岡市中央区のみずほ銀行福岡支店前で四月、引き出されたばかりの現金約三億八千万円が強奪された事件で、福岡県警は三十一日、関与したとみられる男七人を強盗致傷容疑で逮捕した。県警は、現金は金塊買い付け資金で、取引情報の入手などに大がかりなグループが関わっている可能性もあるとみて背後関係を調べる。

 県警は、男らが現場で使ったとみられるワゴン車を事件直後に県内で押収。実行犯らが車を乗り換えるなどして関東方面に逃走した形跡があることも確認し、関東や関西に拠点がある七人を特定した。他にも関わっている人物がいるとみている。

 警察庁によると、戦後の現金強奪事件の被害額としては四番目の多さ。

 逮捕容疑は四月二十日午後零時二十五分ごろ、支店前の駐車場で東京都内の貴金属店に勤務する男性会社員の顔にスプレーのようなものを吹きかけ、現金の入ったキャリーバッグを奪ったとされる。男性は顔や喉に軽傷を負った。

 県警によると、被害男性は一人で支店を訪れ、キャリーバッグを駐車場に止めたレンタカーに積み込む直前に襲われた。現金について「金塊を買い付けるための資金だった」と説明している。男二人が駐車場内で待機していたワゴン車に乗り込んだのが目撃され、車が幹線道路を避けて福岡市内を走行しているのが防犯カメラなどに写っていた。

 現場は西鉄福岡駅周辺のオフィス街の一角。

 福岡市では昨年七月、JR博多駅近くで貴金属買い取り店に運搬中だった約七億五千万円相当の金塊約百六十キロが盗まれる事件が起き、今年六月以降、愛知県の男ら七人が窃盗罪などで起訴されている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報