東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

座間のアパートに9遺体 住人の27歳男、遺棄容疑で逮捕

9人の遺体が見つかったアパート=31日午前10時18分、神奈川県座間市で(淡路久喜撮影)

写真

 神奈川県座間市のアパートから二人の遺体が発見された事件で、室内から新たに七人の遺体が見つかり、遺体は計九体となったことが三十一日、警視庁への取材で分かった。捜査一課は同日、このうち一人の遺体を遺棄したとして、死体遺棄の疑いで住人の職業不詳白石隆浩容疑者(27)=同市緑ケ丘六=を逮捕し、高尾署に捜査本部を設置。調べに「殺害した遺体を証拠隠滅の意思で遺棄したことに間違いない」と容疑を認めているという。

 一課は、二十一日から行方不明となっている東京都八王子市の無職女性(23)も含まれているとみて、九人の遺体の身元の特定を急いでいる。九人は髪形などから女性八人、男性一人とみられる。白石容疑者は八王子市の女性について「初めて会って殺害した」と供述しているという。

 逮捕容疑では、白石容疑者がアパートに入居した八月二十二日〜今月三十日、性別や年齢の分からない一人の遺体を解体し、自宅アパートのクーラーボックスの中に、砂をかぶせて遺棄したとされる。

 一課によると、玄関に置かれたクーラーボックスから三十日夕、頭部が二つ見つかった。ほかにも複数のクーラーボックスがあり、三十一日になってさらに七人の頭部が見つかった。白石容疑者は「浴室で解体した。一部はごみとして捨てた」と供述。室内からのこぎりも発見されており、同課が遺棄に使われたかどうか調べている。

 八王子市の女性は知的障害者の作業所の面接を受けた二十一日夕を最後に、行方が分からなくなった。女性の兄が二十四日に高尾署に届け出た。兄が女性のパソコンを調べたところ、女性はインターネットの自殺サイトで白石容疑者と連絡を取っていたほか、ツイッターで「自殺を一緒にしてくれる人を探している」と書き込んでいたという。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報