東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

東芝、「サザエさん」CM降板へ

 東芝が国民的アニメ「サザエさん」の番組スポンサーを降板する方向で調整に入ったことが三十一日、分かった。一九六九年十月の放送開始から約四十八年にわたりCMを提供してきたが、綱渡りが続く経営状況から合理化が避けられないと判断し広告大手の電通に申し入れた。

 サザエさんは日曜日の夜に家族がそろって視聴する人気番組で、宣伝効果は大きい。後継のスポンサーが見つかれば、一八年三月末にも切り替わる可能性がある。

 サザエさんへのCM提供は、もともと冷蔵庫や洗濯機といった東芝ブランドの家電製品をお茶の間に広く浸透させるのが狙いだった。だが二〇一五年に不正会計問題が発覚し、白物家電事業は経営再建の一環で中国企業に売却した。エレベーターや鉄道システムなどの社会インフラ事業に注力する方針を掲げており、スポンサーを続ける意味合いが薄れていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報