東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

東名・夫婦死亡「逮捕後に実態解明」 危険運転で起訴

 神奈川県大井町の東名高速道路で六月、追い越し車線に停車中のワゴン車に乗っていた静岡市清水区の夫婦が死亡、娘二人がけがをした追突事故で、横浜地検は三十一日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの疑いで逮捕された石橋和歩(かずほ)容疑者(25)=福岡県中間市=を「逮捕後の捜査で危険運転の実態を解明できた」として、より罰則の重い同法の危険運転致死傷罪での起訴に踏み切った。

 地検によると、石橋被告は自動車整備業萩山嘉久さん(45)と妻友香さん(39)夫婦らが乗ったワゴン車を停止させる直前の一、二分間に四回、直前に割り込んでは減速していた。

 地検の片岡敏晃次席検事は「一連の行為を危険運転と捉え、事故との因果関係を認定した」と説明した。

 危険運転致死傷罪は運転する行為が対象で、停車中の事故に適用するのは異例。神奈川県警は当初、石橋被告が車を降りた後に事故が起きていることから、地検と協議した上で、危険運転致死傷容疑での逮捕を断念していた。

 自動車運転処罰法の過失致死傷罪は最高刑が懲役七年。危険運転致死傷罪の最高刑は懲役二十年と重い。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報