東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

小田急、大増発 混雑緩和へ 来春、複々線完成で速く快適に

来年3月から着用する新しい制服を披露する小田急電鉄の乗務員ら=1日、東京都新宿区で

写真

 小田急電鉄(東京都新宿区)は一日、上下線ともに二本ずつ線路を敷く「複々線」化が、代々木上原−登戸(一一・七キロ)間で来年三月に完成するのに伴う新ダイヤを発表した。複々線化で列車の運行本数が大幅に増発され、平日の通勤時間帯の混雑が緩和される。

 複々線化は一九六四年の都市計画から始まり、八九年に着工。一一・七キロのうち、最後の東北沢−世田谷代田間一・六キロが来年三月に完成する。各駅停車と急行が別の線路を走るため、全路線で列車を増発できるようになる。

 例えば、平日の通勤時間帯(午前八時前後の一時間)に下北沢駅に到着する上り列車は、二十七本から三割増の三十六本に。昨年度に東京圏で三位の混雑率192%の世田谷代田−下北沢間は、新聞を楽な姿勢で読める同150%程度まで緩和される。

写真

 同時間帯の新宿までの上り列車の所要時間も短縮。町田から最大十二分減の三十七分、登戸から最大九分減の十八分に。終電も七〜三十三分繰り下げでき、海老名、本厚木行きは午前零時すぎの新宿発になる。

 また特急ロマンスカーは新宿−小田原間で最速で五分短縮され、五十九分と初めて一時間を切る。星野晃司社長は会見で「六十分以内という(九十年前の)開業以来の悲願をついに達成した」と喜びを語った。複々線化に合わせた駅員らの新制服も披露され、星野社長は「快適でスピーディーな小田急に変わる。未来へのおもてなしをしたい」と述べた。 (増井のぞみ)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報