東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

複数名義でツイッター 座間の容疑者 9遺体「10代もいた」

 神奈川県座間市のアパートから九人の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)が、会員制交流サイト(SNS)のツイッターで複数のアカウントやハンドルネーム(ネット上の仮名)を使い分けていたことが、捜査関係者への取材で分かった。九人のうち少なくとも二人の女性とはツイッターで接触しており、警視庁は、自殺願望を書き込んだ女性に対し、自殺を手伝うように装って連絡する手口を繰り返した可能性があるとみている。

 捜査関係者によると、白石容疑者は「八月末に、最初に女性を殺害した」と供述。この女性と、行方不明の八王子市の女性(23)について「ツイッターなどで接触した」と説明し、九人については「多くが二十歳前後で、十代もいた」とも供述している。捜査一課は、仮名などを使い分けて、複数の被害者とSNSで知り合った可能性があるとみて、事実関係を調べている。

 ただ、容疑者自身が本名を知らない被害者がいるほか、記憶が曖昧な部分もあるという。一課は一日、白石容疑者を送検するとともに、アパートからロープや結束バンド、千枚通し、包丁二本などを押収したと発表した。包丁は台所の流しの下の包丁差しにあった。包丁やのこぎりには血痕が付いており、殺害や遺体の損壊に使われたとみている。

 また、見つかった遺体を司法解剖した結果、遺体の人数は九人とほぼ特定された。のどの骨が折れた遺体もあったが、死因はいずれも分かっていない。DNA鑑定などを進め、身元や死因の特定を急いでいる。遺体のうち二人は死後一週間から二週間、残り七人は一カ月から数カ月だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報