東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

車運転中スマホ 13%が経験 内閣府の全国調査で判明

写真

 内閣府が全国の十八歳以上を対象として、車を乗車中にスマートフォンや携帯電話を使ったことがあるかを調べたところ、走行運転中に使用した経験がある人は13・0%に上ることが三日、分かった。信号などで停車中も合わせると、約三人に一人が使用している実態が浮かび上がった。

 調査は八月二十四日から九月三日にかけて三千人を対象に実施し、千九百十一人から回答を得た。スマートフォンや携帯電話で通話をしたり、画面をじっと見たりしたことがあるかを聞いた結果では、「走行スピードにかかわらずある」とした回答が7・1%、「ゆっくり走行中にある」が5・9%で、いわゆるながら運転の経験がある人は計13・0%だった。

 さらに、信号待ちなど「停車中にある」も23・5%で、走行運転中も合わせて乗車中に使用していたのは計36・5%を占めた。「全くない」は36・1%で最も多い回答。ほかに「ほとんど運転しない」が8・5%、「免許を持っていない」が17・3%などだった。

 走行運転中にスマートフォンなどを使用すれば、道交法違反で処罰される可能性があるが、それを認識していた人は86・3%。複数回答で聞いた危険だと思う行為には、ゲームを挙げた人が74・2%で最も多かった。

 走行運転中や停車中に使ったと回答した六百九十八人には、複数回答で利用目的も質問。最多は47・7%の「電話やアプリ通話に出るため」で、これに「メールや通信アプリのメッセージの確認」の44・8%、「かかってきた電話や通信アプリの発信元確認」の44・7%などが続いた。使用防止の対策では、複数回答で「厳罰化や違反点数の引き上げ」と「警察の取り締まり強化」が50%以上となった。

 警察庁によると、運転中にスマートフォンや携帯電話を使用したことが原因となった交通事故は、昨年一年間で千九百九十九件発生。このうち二十七件が死亡事故だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報