東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

五輪都施設1828億円 当初より413億円削減

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの準備で、東京都は六日、都が新設・改修する計八競技会場の整備費が当初の予定から四百十三億円減の千八百二十八億円になったと発表した。このうち、カヌー・スプリント会場の「海の森水上競技場」(都臨海部)など三会場は、小池百合子知事が昨年秋に計画の見直しを表明し、最大で四百二十七億円削減するとしていたが、削減額は三百四十六億円にとどまった。

 いずれの会場も詳細な設計を終えており、整備費はほぼ確定した。三会場のうち、バレーボール会場の有明アリーナ(江東区)は、障害者らの利便性を高めるためエレベーターなどを増設。水泳会場のオリンピックアクアティクスセンター(同)は、地中から見つかった汚染土の除去などがあり、いずれも計画見直し時から費用が増えた。三会場では、太陽光発電などの環境対策も追加した。

 一方、アーチェリー会場(同)は盛り土の工事費などを減らして十億円減の十四億円に。テニス会場となる有明テニスの森公園(同)の改修は、観客席の一部を仮設にするなどの見直しを行い、三十四億円減の百十億円とした。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報