東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

大韓航空機 部品落下か 成田到着時に不明

 成田空港に七日夜に到着した韓国・仁川発の大韓航空705便ボーイング777で、機体の翼部分に取り付ける重さ約三百グラムのゴム製部品がなくなっていたことが八日、国土交通省成田空港事務所などへの取材で分かった。

 飛行中に落下した可能性もあるとみて、大韓航空が原因を調べる。

 同事務所によると、部品は長さ約一メートル、直径約四センチの筒状で、主翼のフラップ付近に取り付けられている。七日午後八時四十五分ごろに到着した大韓航空機からなくなっているのが分かった。

 連絡を受けた成田国際空港会社(NAA)は一時滑走路を閉鎖して点検したが部品は見つからなかった。

 航空機からの部品落下が相次いでいることを受け、国交省は今月六日、専門家らも加わった対策会合を初めて開催。今後、未然に落下を防ぐ具体的措置を検討していく。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報