東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ヘリ墜落4人死亡 群馬・上野村 資材運搬の民間機

墜落し、炎上する東邦航空のヘリコプター=8日午後、群馬県上野村で(近隣住民提供)

写真

 八日午後二時二十五分ごろ、東邦航空(本社・東京)のヘリコプターが群馬県上野村乙母(おとも)の藤沢橋付近に墜落、炎上した。同社や地元消防などによると、搭乗していた四人全員が死亡。東京電力によると、ヘリ墜落で配電線が断線したため村で一時、最大約六百軒が停電した。 

 東邦航空は同日記者会見し、搭乗者四人は機長北川一郎さん(60)、整備士杉山勝彦さん(50)、同滝沢俊太(としひろ)さん(27)、同池田裕太さん(22)と明らかにした。「ご心配、ご迷惑をかけ、心よりおわびする」と謝罪。墜落原因は「分からない」とした。五月ごろの定期点検でヘリに異常は見つからなかったという。

写真

 墜落現場は上野村役場の西約七百メートルで、近くには民家や旅館もある。県警によると、三人が機体の中で、一人が機体の外で見つかった。地元消防によると「ヘリが西から東の方向に飛んでいてUターンし、高度が落ちると機体後部の部品が飛び、回転しながら落ちた」との目撃情報がある。

 墜落したヘリは仏エアバス・ヘリコプターズ社の「AS332L」で、通称スーパーピューマと呼ばれる機種。ヘリは、八日午前八時三十一分に長野県の松本空港を離陸。同県の美ケ原で資材の運搬作業をした後、山梨県早川町の水力発電所から近くの工事現場に、重機や解体したプレハブ宿舎を運ぶなどした。午後二時三分に早川町を離陸したと無線連絡があり、栃木県内のヘリポートに向かっていたとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報