東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

座間9遺体 全身元判明 群馬の15歳高校生ら

 神奈川県座間市のアパートで九人の遺体が見つかった事件で、警視庁は十日、既に身元が判明した女性一人以外の男性一人、女性七人の計八人の身元が確認されたと発表した。これで九人全員の身元が判明。白石隆浩容疑者(27)=死体遺棄容疑で逮捕=は「八月末から十月にかけて全員を殺害した」と供述しており、捜査一課は今後、殺人容疑でも調べる。

 一課などによると、新たに身元が確認されたのは、神奈川県厚木市の会社員三浦瑞季(みずき)さん(21)▽同県横須賀市の福祉施設職員西中匠吾さん(20)▽群馬県邑楽(おうら)町の高校一年石原紅葉(くれは)さん(15)▽埼玉県所沢市の大学二年更科日菜子さん(19)▽同県春日部市の藤間仁美さん(26)▽さいたま市北区の高校二年久保夏海(なつみ)さん(17)▽福島市の高校三年須田あかりさん(17)▽横浜市都筑区のアルバイト店員丸山一美さん(25)の八人。

 また、東京都八王子市の無職田村愛子さん(23)は六日に既に判明している。

 一課は、いずれも白石容疑者が自殺願望や自殺の方法を書き込んだインターネットの会員制交流サイト(SNS)ツイッターで知り合い、電話やメールでやりとりするようになったとみている。

 調べに、白石容疑者は「自分の自殺願望はすべてうそだった」と供述。一課は、人生を悲観している女性らに同情したり、共感している振りをして近づき、自宅に誘い込むために偽ったとみている。

 遺体はアパートの白石容疑者の部屋で、切断された状態でクーラーボックスや工具用の箱七つに入れられていた。

 一課は現場で見つかったキャッシュカード類や携帯電話の位置情報などで身元特定の手掛かりをつかみ、親族の協力を得て試料を入手、遺体のDNA型と照合した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報