東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

座間9遺体 2女性携帯電波、現場近くで探知 県警捜索 発見至らず

神奈川県座間市で、本社ヘリ「おおづる」から

写真

 神奈川県座間市のアパートで九人の遺体が見つかった事件で、被害者の女子高校生二人の携帯電話の電波が九月末の三日間に、現場となったアパートそばの基地局で相次いで探知され、途絶えていたことが、捜査関係者への取材で分かった。神奈川県警座間署が付近を捜したが、携帯電話位置情報の精度の限界もあり、アパートの発見に結び付かなかった。

 捜査関係者らによると、福島市の高校三年の女子生徒(17)は九月下旬に行方不明になり、同二十八日に家族が行方不明者届を出した。福島県警からの要請で携帯電話会社が位置情報を探索したところ、白石隆浩容疑者(27)=死体遺棄容疑で逮捕=の自宅アパートから約二十メートル、三棟隣の建物の屋上に設置されていた携帯電話基地局で電波を受信し、同日午後一時すぎに途絶えたことが分かった。

 二日後の三十日には、さいたま市の高校二年の女子生徒(17)の行方が分からなくなり、家族は十月一日に行方不明者届を出した。この時は、埼玉県警が携帯電話会社に探索を依頼。同じ基地局で携帯電話の電波を受信し、九月三十日午後二時すぎに途絶えていたことが判明した。

 ただ、携帯電話の位置情報の探索は、衛星利用測位システム(GPS)と違い、携帯電話の位置をピンポイントで特定することはできず、精度は周辺の半径数百メートルの範囲とされる。

 両県警から連絡を受けた神奈川県警は、同二十八日午後から福島市の生徒を、十月二日からさいたま市の生徒を捜した。自殺や家出、事故などの可能性がある「特異行方不明者」として、公園や川、立ち寄る可能性があるコンビニや飲食店などを中心に調べた。有力な情報は得られず、民家やアパートの戸別訪問までは行わなかった。捜査関係者は「戸別訪問をやろうとすると何十、何百軒となり、限度がある」と話している。

 現場アパートでは白石容疑者のスマートフォン一台とは別に、被害者のものとみられる携帯電話二台が発見された。新聞紙にくるんだ状態で、ごみ袋に入っていた。警視庁捜査一課は、メーカーに協力を求め、所有者の特定を進めている。

     ◇

 警視庁は十一日、現場アパートとその周辺の詳しい状況を確認した。白石容疑者を乗せた車がアパート前に止まったが、本人は車内にとどまり、部屋には入らなかった。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報