東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

新国立 球技専用に決定 政府、22年後半目指す

 政府は十四日、二〇二〇年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとして整備する新国立競技場の大会後の利用について、収益性を高めるため、陸上競技場としての機能をなくしてサッカー、ラグビー、アメリカンフットボールなどの球技専用スタジアムに改修することを正式に決めた。二二年後半以降の使用開始を目指す。同日の関係閣僚会議でこれらを盛り込んだ「大会後の運営管理に関する基本的な考え方」を了承した。

 運営権を民間に売却する「コンセッション方式」の導入を目指し、一九年に具体的な実施方式を決定。公募を行い、二〇年秋をめどに運営に携わる事業者を選定する。国立代々木競技場などを含めた一体的な運営や命名権(ネーミングライツ)の導入についても今後検討する。

 改修では、将来的なサッカーのワールドカップ(W杯)招致を見据えて約八万人規模に座席を増設して臨場感を高めるほか、ホスピタリティー機能も充実させる。サッカーやラグビーの日本代表戦、全国大会での使用を想定し、夏季を中心に音楽コンサートなども実施する。

 会議では、旧競技場にあった一九六四年東京五輪の聖火台を新スタジアムの東側入り口付近に設置することが決まったことも報告された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報