東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

寅さん、故郷の粋は守るよ 柴又など重要文化的景観選定へ

大勢の人でにぎわう柴又帝釈天の参道=17日午後、東京都葛飾区で(由木直子撮影)

写真

 国の文化審議会は十七日、映画「男はつらいよ」で主人公・寅さんの故郷として描かれた東京都葛飾区柴又など三地域のまち並みを重要文化的景観に選定し、保護の対象とするよう林芳正文部科学相に答申した。昨年の熊本地震で地表に現れた「布田(ふた)川断層帯」(熊本県益城町)など二件を天然記念物に指定することも求めた。学術的価値が高く、災害遺構としても重要だと評価した。

 重要文化的景観が東京都内で選定されるのは初めて。柴又帝釈天(題経寺)と門前町、渡し船が行き交う江戸川など、下町情緒豊かな景観を保存しようと、葛飾区が選定を申請していた。

 重要文化的景観は国の文化財の一つ。開発が制限される一方、景観保護の取り組みに国の財政支援が受けられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報