東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

座間事件 23歳殺害容疑で再逮捕 白石容疑者「抵抗された」

 神奈川県座間市のアパートで九人の遺体が見つかった事件で、東京都八王子市の女性(23)を殺害した疑いで再逮捕された白石隆浩容疑者(27)が「殺害の際、女性に抵抗された」と供述していることが二十日、警視庁への取材で分かった。女性は会員制交流サイト(SNS)のツイッターに自殺願望を書き込んでいたが、捜査一課は、女性の同意なく殺害したことを裏付ける供述とみている。

 一課によると、アパートの自室で女性の首を手で絞めて失神させた上、高さ二メートルほどのロフトにはしごをかけ、上から二段目から下げたロープで首をつって殺害。暴れないよう、手足を結束バンドで固定したと供述している。一課は、女性の意識が戻って暴れるのを防ぎ、確実に殺害しようとしたとみている。

 また、白石容疑者のスマートフォンの解析などから、九月二十日以降にツイッターで女性とのやりとりが始まり、自殺を手助けすることを口実に十月二十三日にJR八王子駅で待ち合わせたことも判明。自宅に誘い込み、その日のうちに殺害したとされる。「私が単独でやったことに間違いない」と容疑を認める一方、動機は「話しません」と供述している。

 警視庁は十月三十一日、氏名不詳の遺体を遺棄したとして死体遺棄容疑で逮捕。DNA型鑑定で遺体の身元を八王子市の女性と特定した。東京地検立川支部は十一月二十日、同容疑について処分保留とした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報