東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

06年盗難レノンさん日記 独で発見

 【ベルリン=共同】ドイツの捜査当局は二十日、ビートルズのメンバーだった故ジョン・レノンさんの遺品で盗難被害に遭っていた複数の日記などを首都ベルリンで発見、押収したと発表した。遺品は、レノンさんの妻で米ニューヨーク在住の芸術家オノ・ヨーコさんが二〇〇六年に盗まれたとしている。

 遺品は約三年前からベルリンに持ち込まれていたとみられる。当局は今年、捜査を開始。二十日にベルリン市内で遺品を所持していた男(58)を、盗品と知りながら遺品を購入した容疑で逮捕した。捜査が続いているため、返還の見通しはまだ立っていないという。

 ドイツのメディアによると、男はトルコに住む共犯者と遺品を販売しようとしていたとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報