東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

日馬富士を書類送検へ 鳥取県警 年内にも傷害容疑

 大相撲の横綱日馬富士(33)が平幕貴ノ岩(27)に暴行し負傷させた問題で、鳥取県警が年内にも傷害容疑で日馬富士を書類送検する方針を固めたことが、捜査関係者への取材で分かった。県警は、日馬富士が暴行を認め、逃亡や証拠隠滅の恐れがないことなどから、逮捕はせずに捜査を進める判断をしたもようだ。 

 捜査関係者によると、日馬富士が十七日の事情聴取で「平手や拳、カラオケのリモコンで殴った」と説明していることも判明。県警は既に、現場となった鳥取市内にあるラウンジの個室の現場検証を実施。これまでの日馬富士と貴ノ岩、同席者らの聴取内容と、検証結果を合わせて分析する。

 県警は近く、同席していた横綱鶴竜らからも聴取する方針。横綱白鵬は九州場所後に聴取するとみられる。貴ノ岩は県警の聴取で「目をつぶっていた」と話し、殴打された際の様子は全ては分からないという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報