東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

TDL着ぐるみ 女性に労災認定

 東京ディズニーランド(TDL、千葉県浦安市)で、キャラクターの着ぐるみを着てパレードに出演していた契約社員の女性(28)が左腕に激痛が生じる疾患を発症し、船橋労働基準監督署(同県船橋市)が労災認定していたことが、運営するオリエンタルランドへの取材で分かった。

 女性が所属する労働組合によると、認定は八月十日付。出演中のけがではなく、過重労働と疾患に因果関係を認めて労災を認定するのは珍しいという。一方、同社は「過重労働との指摘は受けておらず、安全配慮義務違反もない」としている。

 同社や組合によると、女性は二〇一五年二月から勤務し、さまざまなキャラクターの着ぐるみ姿でパレードやショーに出演。着ぐるみは重さ十キロ前後で、一六年十一〜十二月には一回四十五分間のクリスマスパレードなどに約五十回出演していた。

 出演中は元気よく見えるよう、腕をしっかりと上げておく必要があったという。女性は昨年十一月ごろから、首から左上腕にかけてと手指に違和感が出始めた。

 今年一月には眠れないほどの痛みが出たため病院を受診。神経や血管が圧迫されてしびれや痛みが生じる「胸郭出口症候群」と診断され、同社に申し出て休職している。症状は完治していないが、復職は可能との医師の診断があり、業務量を減らしての職場復帰を希望。会社側と協議している。

 同社広報部は「真摯(しんし)に受け止め、対策に万全を期す」とコメントしている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報