東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

米軍輸送機墜落3人不明 空母艦載、海自と訓練中

写真

 二十二日午後二時四十五分ごろ、東京・沖ノ鳥島の北西約百五十キロの公海上で、米海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」艦載のC2輸送機が墜落した。米海軍第七艦隊によると、搭乗していた十一人のうち八人を救助し健康状態も良好だが、三人が行方不明。同空母は北朝鮮をけん制する狙いで他の米空母二隻と演習するなど日本近海で行動し、事故当時も海上自衛隊と訓練中だった。

 小野寺五典(いつのり)防衛相は記者団に、米側が「エンジンの不調が原因ではないか」との見方を示したと明らかにした。搭乗者に自衛隊員はいない。

 第七艦隊によるとC2は人員と貨物輸送の通常任務のため、山口県の米軍岩国基地を出発して原子力空母に向かう途中だった。米海軍と海自が捜索している。

 同空母は神奈川県の横須賀基地が拠点。十月二十六日に寄港地の韓国・釜山(プサン)を出港し、トランプ米大統領のアジア歴訪に合わせ米空母計三隻で演習したり、日本海などで海自の護衛艦と共同訓練を実施したりした。今月十六〜二十六日の予定で、海自と米海軍による「海上自衛隊演習」に参加していた。

 日本周辺では米軍機の事故が相次いでおり、昨年十二月には沖縄県名護市沖で米軍普天間(ふてんま)飛行場所属の海兵隊の輸送機MV22オスプレイが不時着し、大破。今年十月にも沖縄県東村(ひがしそん)の牧草地に、普天間所属のCH53E大型輸送ヘリが不時着して炎上した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報