東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ポケモン 砂丘へGO

ポケモンを探し鳥取砂丘を歩き回る大勢の参加者=24日午前

写真

 鳥取砂丘(鳥取市)で二十四日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」のユーザーが集う鳥取県主催の大規模イベントが始まった。冬の砂丘に全国から大勢の人が集まり、関係者も「異常事態」と驚く盛況となった。

 オープニングセレモニーには平井伸治知事が参加し、イベントやキャンペーンの概要を説明。「鳥取砂丘へサッキュウ(早急)にゴー」と得意の駄じゃれを交えてPRした。

 イベントは二十六日までの三日間で、期間中は日本ではなかなか出現しないキャラクター「バリヤード」などが現れる。広島県福山市の会社員黒川晃さん(49)は岡山県から訪れた「ポケモン仲間」と共に参加。「たくさんの人と一緒にいろいろな種類のポケモンを捕まえられる」とスマホ片手に砂丘を歩き回った。

 ポケモンGOは昨年七月に配信が開始され、世界的なブームに。鳥取県は昨年、ゲームを安全に楽しんでもらおうと鳥取砂丘を「スナホ・ゲーム解放区」にすると宣言して話題になった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報