東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

シンドラー事故 和解 高2遺族「再発防止へ通過点」

事故で亡くなった市川大輔さんの遺影を前に記者会見する母正子さん=24日午後、東京・霞が関の司法記者クラブで

写真

 東京都港区のマンションで二〇〇六年、住人の高校二年市川大輔(ひろすけ)さん=当時(16)=がエレベーターに挟まれ死亡した事故で、遺族が製造元のシンドラーエレベータや港区などに損害賠償を求めた訴訟は二十四日、東京地裁(岡崎克彦裁判長)で和解が成立した。

 遺族側によると、同社や港区などが「何の落ち度もなく、十六歳でこの世を去ることになった大輔さんの無念を重く受け止め、深く遺憾の意を表する」との内容。和解金も支払われるが額は公表されていない。大輔さんの母正子さん(65)らが安全確保の法制化を訴える活動を続けるための基金を設立し和解金の一部を充てることも盛り込まれた。

 成立後に記者会見した正子さんは「和解はエレベーターの安全、再発防止に息子の命を生かすための通過点だ」と話した。シンドラー社は「安全のために最善を尽くしていく」とのコメントを出した。

 遺族は〇八年、安全確保を怠ったとして、シンドラー社や建物を所有する港区などに二億五千万円の賠償を求め提訴。岡崎裁判長は今年九月の口頭弁論で和解を勧告していた。

 事故は〇六年六月に発生。エレベーターから降りようとした大輔さんが、突然上昇したかごの床と外枠の上部に挟まれ死亡した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報