東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

リニア、未明の難工事 品川駅の建設現場を初公開

現在の新幹線の線路を支えるための鉄桁が設置された=25日午前2時3分、東京都港区のJR品川駅の新幹線ホームで

写真

 二〇二七年に東京・品川−名古屋間で開業を目指すリニア中央新幹線の品川駅(東京都港区)の建設工事が二十五日未明、初めて報道陣に公開された。リニア駅は新幹線駅の地下四十メートルに掘った空間に造るため、地盤の掘削工事で現在の新幹線の線路が沈まないよう、十分に支えるための鉄桁を設置する作業が進められた。

 作業は二十四日午後十一時四十分、品川駅着の最終新幹線がホームを離れた後に始まった。

 約百人が重機を使うなどして、下りホームの一部の線路と枕木、砂利を除去。長さ一二・四メートル、幅三メートル、重さ二六トンの鉄桁をクレーンで設置した。その上に再び線路を敷設し、二十五日午前六時の始発前に作業を終えた。

 JR東海によると、リニア駅の着工は昨年一月だが、新幹線の運行に影響を与えないようにするため、工事ができるのは深夜だけ。一晩に設置できる鉄桁も一基に限られ、全百二十三基を設置するのに今後三年間かかる。同社中央新幹線建設部の林保弘担当部長は「非常に条件の厳しい工事」と説明した。

 完成後の駅は全長約八百メートル、幅約六十メートル。二本のホームを備え、四編成が停車できる。

 同社中央新幹線建設部の大羽(おおば)宏和次長は「今後も高い技術が求められる工事が続くが、一つ一つ着実に進めたい」と予定通りの開業を目指す姿勢を強調した。 (川上義則、写真も)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報