東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

IT犯罪不安6割 科学技術、再生医療に9割期待

写真

 科学技術の発展に伴う不安として、サイバーテロや不正アクセスなどの「IT犯罪」を挙げる人が61・0%に上ったことが、内閣府が二十五日に公表した「科学技術と社会に関する世論調査」で分かった。二〇一〇年の前回調査より17・2ポイント上昇した。

 分析した文部科学省は「ITの急速な発展に、関心よりも不安を感じているのではないか。犯罪に巻き込まれずに正しく利用できるよう啓発活動が必要だ」としている。

 約十項目の例示の中から複数選んでもらった。IT犯罪に次ぐ上位は地球温暖化や環境破壊などの「地球環境問題」が52・2%、「遺伝子組み換え食品、原発などの安全性」が49・5%だった。

 現在の日本の科学技術が外国より進んでいると思う人は72・6%で、前回より6・9ポイント低下。十年後も進んでいるとする人は60・5%にとどまった。

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)などで再生医療が進展し、病気やけがの治療技術が進むと考える人は九割に達した。科学技術に関する政策の決定に、科学者や政府だけではなく、国民の関わりがより必要になるとする人も八割おり、関心の高さをうかがわせた。

 九月に全国の十八歳以上の男女三千人を対象に面接し、千七百六十五人が回答した。概要は二十七日に内閣府のサイトで公開する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報