東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

10億円の夢 今年こそ 年末ジャンボ発売

写真

 1等・前後賞合わせて10億円が当たる「年末ジャンボ宝くじ」(第731回全国自治宝くじ)が27日、全国で一斉に発売された。

 賞金と当せん本数は、1等(7億円)が25本、1等の前後賞(1億5000万円)が50本、2等(1000万円)が500本。

 同時発売される「年末ジャンボミニ」は1等(5000万円)が105本、新発売の「年末ジャンボプチ700万」は1等(700万円)が1000本用意されている。

 いずれも1枚300円で、12月22日まで販売。抽せんは12月31日、東京オペラシティコンサートホール(新宿区)で。

 全国有数の売り上げがある東京・銀座の「西銀座チャンスセンター」には午前8時半の発売前から約700人が列をつくった。前日朝から並び、一番乗りだった茨城県石岡市の会社員山口正博さん(37)は60枚購入。「当たったら東日本大震災などの被災地に寄付したい」と話した。

 一度に計30枚以上を購入したらもらえる専用はがきで応募すると、全国の地方新聞社が厳選した逸品を選べる「47CLUBオリジナルカタログギフト」が当たるキャンペーンも実施される。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報