東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

神戸・私立高 自殺未遂「いじめ原因」 第三者委が報告書

 神戸市の私立高の女子生徒(18)が今年二月に自殺を図り、学校が設置した第三者委員会が、いじめが原因だとする報告書をまとめたことが、学校への取材で分かった。生徒は首の骨を折るなどして三カ月にわたり入院。自宅で療養しながら課題に取り組み、卒業を目指しているという。

 学校によると、女子生徒は二年生だった今年二月二十四日、公園の石垣から飛び降り、自殺を図った。同級生の複数の女子生徒からいじめを受けていた。

 自殺を図った生徒は昨年九月、教室の机や椅子に大量の紙を貼られた。今年二月には体育の授業のための更衣中に「(学校を)さっさとやめろ」「ブス」などと言われたほか、飛び降りた当日も嫌がらせを受けていた。

 報告書は、学校側が当初「仲間のじゃれ合い」と判断し、教員の間での情報共有が遅れたことが自殺未遂を招いたと指摘しているという。同校の教頭は「早めに適切な対応をしていれば、こんなことにはならなかった。大変申し訳ない」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報