東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

女性刺傷 中1を児相通告 札幌の路上「人を殺すこと想像」

 札幌市の路上で女性が刃物で刺されて重傷を負う殺人未遂事件があり、北海道警は二十六日、任意で事情を聴いていた札幌市内の中学一年の男子生徒(12)が事件への関与を認めたとして、児童福祉法に基づき要保護児童として札幌市児童相談所に通告し、児童相談所は男子生徒を一時保護した。道警によると、男子生徒は「人が死んでいるところや、殺すことを想像していた」と供述。被害女性と面識はなかった。

 事件は二十五日午後五時五十五分ごろ、札幌市東区の路上で発生。徒歩で帰宅中の二十代の女性会社員が背中を包丁で刺され一〜二カ月のけがを負った。男子生徒は道警に「人を傷つけたかった」とも話している。

 二十六日正午ごろ、現場付近の商業施設にいた男子生徒に捜査員が任意同行を求め、事情を聴いていた。現場周辺の防犯カメラに写っていた犯人と特徴が似ていたという。

 複数の防犯カメラ映像から、男子生徒は現場から数百メートル離れた商業施設付近から女性の後をつけたとみられる。道警は、帰宅途中に商業施設に立ち寄った女性に目を付けた可能性もあるとみて、詳しく事情を聴く。

 道警は男子生徒の自宅を捜索し、事件に使われたとみられる包丁のケースを押収した。包丁は現場に残されていた。男子生徒は包丁について「一カ月ぐらい前に万引した」と供述している。自宅からは別の包丁一丁も見つかった。

 十四歳未満は「触法少年」として扱われ、刑事責任を問われない。道警は男子生徒の供述の裏付けを進め、児童相談所に送致する方針。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報