東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

廃絶へ道筋議論 「賢人会議」広島で初会合

広島市の原爆資料館を視察する賢人会議の参加者=27日午前

写真

 核保有・非保有国双方の有識者が核軍縮について議論する「賢人会議」(外務省主催)の初会合が二十七日午前、二日間の日程で、広島市内で始まった。初日は核軍縮の現状や、核廃絶に向けた道筋を議論する。

 自民党の岸田文雄政調会長(前外相)は会合冒頭で「核兵器保有国を巻き込まなければ、現実は動かない。信頼構築に資する提言をいただき、核兵器のない世界に向けて協力するきっかけをつくりたい」とあいさつした。同会議は岸田氏が外相時代に設置した。

 有識者は計十六人。座長の白石隆・前政策研究大学院大学長ら日本人六人と、核保有国・非保有国から五人ずつの国外委員が務める。中国の有識者一人は会議を欠席した。米ロ両国など核兵器国の状況、核拡散防止条約(NPT)、七月に採択された核兵器禁止条約などについて協議する。

 核兵器禁止条約を巡っては、米ロなど核保有国と非保有国が対立。米国の「核の傘」に頼る日本は条約に参加せず、被爆者団体などから批判された。今回の会議では核保有国と非保有国の橋渡し役を務め、核軍縮への機運を高めたいとしている。

 会合に先立ち、有識者は平和記念公園内の慰霊碑に献花し、資料館で「平和のためのヒロシマ通訳者グループ」の小倉桂子代表から被爆体験を聞いた。小倉氏は体験を話した後、記者団に「当時のにおいや、トラウマに苦しむこと、禁止条約は私たちの努力で実り、喜びでありスタートだということを伝えた」と語った。

 会議では来年四月のNPT関連会合に向け、核軍縮を進めるための提言素案をまとめる。 (大杉はるか)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報