東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

障害、難病、性…「まぜこぜ」の舞台に 都内で12月10日、東ちづるさんら公演

東ちづるさん(後列中央)と伊是名夏子さん(前列左から2人目)ら出演者の皆さん=一般社団法人「Getintouch」提供

写真

 「障害や難病、国籍、思想、性…。それらで誰も排除しない『まぜこぜの社会』にしたいのです」。女優の東(あずま)ちづるさん(57)が、障害者らマイノリティーとともに作り上げる舞台が十二月十日、東京都港区の品川プリンスホテルで上演される。社会に存在する「分断」に問題提起しながら、最高のエンターテインメントを目指す。 (奥野斐)

 舞台は「月夜のからくりハウス−平成まぜこぜ一座」。東さんが企画、プロデュースから脚本、演出を手掛けた。低身長の人による小人プロレスのレスラーや寝たきりの芸人、車いすダンサー、全盲の落語家など多彩な約三十組が出演。東さんが悪徳座長にふんし、それぞれがプロレスの試合やダンス、歌、演奏などのステージを繰り広げる一夜限りのショーだ。

 東さんは二十年以上前から骨髄バンクの啓発や、戦争で傷ついた子どもを救済する「ドイツ国際平和村」のボランティアなどに取り組んできた。活動を通じて、表現の場を探している障害者らと出会い、日本の映画やテレビなどに彼らの活躍の場がない現状をなんとかしたいと思ったという。

 「私が小さいころはミゼット(小人)プロレスがテレビで放映されていたけれど、いつのまにか『差別だ』『笑いものにするな』と姿を消してしまった。表現したい人、できる人のチャンスを広げたい」

 五年前にマイノリティーのPRをする一般社団法人「Get in touch」を設立。個性豊かな表現者が一堂に会す場をと、一年前から舞台の準備をしてきた。福祉ではなく、エンターテインメントとして、あえて「見せ物小屋」をキーワードにした。

 骨の折れやすい障害で、本紙生活面で隔週日曜に「障害者は四つ葉のクローバー」を連載する伊是名(いぜな)夏子さん(35)も出演する。「普通の人とは違った部分が魅力や強みに変わり、美しさ、楽しさ、おもしろさを表現できる舞台にしたい」

 東さんは「私たちはすでに色とりどりの特性がある人たちと生きている。舞台を通じ、そのことに気づいてもらえたら」。

 当日本番のチケットは完売。ネット上で運営資金を募るクラウドファンディングで、公開リハーサルの招待券付きコース(一万円、三日まで受け付け)、当日の舞台を収録したDVD特典付きコース(五千円)を販売している。問い合わせは同法人の事務局=電070(5467)0936、またはホームページ(法人名で検索)へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報